20代が転職に失敗しないためのおすすめエージェントを紹介

HYPER NOVA

仕事を辞めたい

仕事を辞めたいなら必ず相談しよう!他人は自分にはない考え方を持っている

投稿日:

「激務すぎて仕事を辞めたい」「人間関係が破綻しているから辛い」「会社の将来が不安だから辞めたい」

このように、仕事を辞めたいと考えている人は多いと思います。私は仕事を辞めた身ですから、会社を辞める前は様々な思いが駆け巡りました。

「本当にこのまま辞めて良いのか?」「次の仕事もやっていけるのか?」など葛藤があると思います。その葛藤を少しでも楽にさせてくれるのが、他人への相談です。

「仕事を辞めたいんだけどどう思う?」

この質問だけで、質問を受けた相手は色々な質問をあなたに投げかけるでしょう。そこで、あなたが本気で答えられるのか?決意はブレていないか?の確認も取れます。

一人で決めるよりも、相談して第三者の意見を聞いてからでも退職は遅くないと思います。

さて、本記事では、その相談について深掘りしていきます。仕事を辞めたいと考えている方は参考にしてみてください。

「仕事を辞めたい」と相談すべき理由

「仕事を辞めたい」と相談すべき理由

相談すべき理由はたった一つ。自分には無い考え方を発見できる可能性があるからです。

あなた自身が思い悩んだとしても、正直、考えられる範囲は狭いです。だから、誰かに相談して違う発想や意見を手に入れるんです。

「辞めたいならこんな道もあるよ?」「どうせ辞めるくらいなら、今を全力でやれよ」とか、色々な意見を貰うことが相談する大きなメリットです。

相談する理由については「仕事がめちゃくちゃ辛いなら誰かに相談すべき3つの理由」で詳しく解説しています。お時間があったら読んでみてください。

仕事辛い相談
仕事がめちゃくちゃ辛いなら誰かに相談すべき3つの理由

「仕事が本当に辛い…この気持ちはどうすれば良いの…」 と、悩んでいる方は「まず相談」です。友人でも良いし、外部の機関でも ...

続きを見る

相談の仕方は?どうやって相談をすればいいのか?

相談の仕方を悩むことはありません。ありのままに、自分の思いを相談相手にぶちまければいいんです。

変に隠さず「アイツとは気が合わないから辞めようと思っているんだがどう?」「労働時間が長すぎて限界なんだよ」「仕事内容がつまらない!」など謙虚にストレートに。

ストレートに伝えた方が、相手も「こいつマジだな…」と思ってくれるから真剣に話を聞いてくれるはずです。

ヘビーな質問でも、人は謙虚な方がいいので、変に隠さずド直球で行きましょう!

相談すべき相手

いざ相談するとなると、誰にすべきか分からないですよね。

しかも、今回の相談はかなりヘビーなものですから、そこら辺のどうでも良い人には相談できないと思います。

そのため、信頼できて親密度が高い人を選ぶべきなのがベターです。具体的な相談相手を考えてみましたので、下記の人たちで心当たりがあれば相談してみてください。

上司・同期・仲のいい同僚

鉄板ですが、まずは社内で相談できそうな人を考えましょう。口が軽くなく、真摯に悩みを受け止めてくれる人が好ましいです。

社内の人物はあなたの仕事内容が分かっているはずですので、仕事を絡めた相談がしやすいのが特徴的ですね。

ただし、職場の同僚に相談する場合は注意しておきましょう。相談をして職場の人たちにバラされたら大変ですからね…。

上司は立場上、デリケートな部分は言いふらさないとは思いますが、同僚は分からないです。違う同僚同士でポロっと漏らしてしまうことだって考えられます。

個人的には、信頼できる上司に相談するのがベストですね。私は仕事を辞める時、いの一番に上司へ相談しました。

友人・彼氏彼女

「会社に関係ないじゃん!」と思われるかもしれませんが、友人や彼氏彼女も良い相談相手ですよ。会社を辞めた経験がある方なら、更に良い情報が手に入る可能性だってあります。

私が友人に、会社を辞める旨を説明したとき「あ〜お前の会社、経営的にヤバそうだし、良い印象がないからいい思うよ」と言われました。

真面目な社員であれば、自分の会社を貶されたことに腹が立つかもしれませんが、そのような考え方もあるんですよね。

逆に「そんな大企業辞めるのなんて勿体無い!俺の会社なんて地獄だぞ?」と言われるかもしれません。友人だって違う価値観や体験をしています。それを効かないのは勿体無いですよね?

親や兄妹

一番、親身になって話を聞いてくれるのが親族です。親族に「仕事を辞めたい」というのは怖いかもしれませんが、あなたの苦しい気持ちを訴えれば親や兄妹も分かってくれるはずです。

また、「家に帰ってきてもいいんだよ?」と、実家に帰ってこいと助けてくれるかもしれません。

苦しい時って、1人より誰かといた方が安心します。いまさら実家に帰るなんて…って思うかもしれませんが、久しぶりに帰る実家もいいですよ。

相談できる相手がいない場合

相談できる相手がいない場合

中には、相談できる相手がいないから、相談ができないという人もいるでしょう。分かりますよ、この手の人って人を信用できないタイプのはずです。

基本的に私も人を信用しません。しかし、今回の相談の目的は「他人の意見」であるため、そんなことを言っている暇はありません。

相談相手がいなければ、無理やり探して意見を求め、あなたが抱えている負の感情を晴らしましょう。

全国職業相談センターへ連絡する

仕事や職場の相談窓口です。仕事に携わる方であれば、誰でも相談できます。

その道のプロの人が受け応えしてくれるため、きっとあなたの力になるはずです。

参考 ご相談・お問い合わせ | 全国職業相談センター

人事部に連絡する

次に、職場の同僚や上司などに相談ができない場合は、人事部へダイレクトアタックしましょう。人事部からすれば、社員が不満を持っているのは見逃せない案件です。

相談した結果、部署の異動など会社に残りながら、良い方向へと導かれるかもしれません。

「人事部とか敷居が高い…」と思われる方もいるでしょう。しかし、まだ苦しみたいですか?助かるためには、あなた自身がアクションを起こさなければなりません。

ただ「〇〇という理由で仕事を辞めたいんですが…」と話を持ちかけるだけです。自分が楽になるために、人事部に相談してみてましょう!

一人で悩み苦しむくらいなら辞めた方が楽

職業センターにも、人事部にも、相談ができないで一人苦しんでいるのであれば、辞めたらラクになります。

「次の仕事決まってないや…」と不安になるかもしれません。でも、苦しんで自分を追い込んでしまうくらいなら、辞めた方がよくないですか?それで、体や心を壊してしまったら元も子もありません。

そもそも、あなたが知らないだけで、この世は仕事で溢れています。

私のようにWEBライターとして活躍しても良いですし、コンビニだって立派な仕事です。「仕事がない」ということは、よっぽどじゃない限りあり得ないです。

おそらく「仕事がない」と言っている人間は努力をしていない人間です。

仕事を辞めたいという相談で注意すべきこと

仕事を辞めたいという相談で注意すべきこと

退職の相談はかなりデリケートです。100%辞める決意ができるているのであれば良いですが、相談する側は心のどこかで「会社に残りたい」と思っているはずです。

だから、人生の重要な分岐点ですから、ホイホイと相談できることではありません。本気で考えなければならないでしょう。

そこで、相談する際に注意しべきことを説明します。

社内の人物の相談者は厳選すること

社内の人に相談するなら、全員に言いふらすのではなく厳選することが大切です。

下手に言いふらすと、あなたが会社を辞めたいという意志が噂立ち、職場に居づらくなってしまう可能性だって考えられます。

会社に残る決断をしたとき、働きにくい環境は避けたいですので相談する相手は必ず選びましょう。

アイツもアイツもってなると、どっかでボロが出てしまう可能性がありますからね…。

できれば1人ではなく複数人の方がいい

社内の人物は厳選して複数人の方がいい…矛盾しているかもしれませんが、意見は多くあった方が参考になるのは事実です。社内に信頼できる人物が複数人いるのであれば、思い切って相談してみるのもありです。

信頼できる人が10人20人など多くいるのであれば、5人くらいに絞るなど情報漏洩防止を図ってください。

あくまで相談にすぎない。意思決定は自分にあるということ

相談は相談に過ぎません。どんなに相談しても、最終的に決断するのはあなた自身です。だから、人の相談を鵜呑みにせず、あくまで「意見」として捉えて思考しましょう。

会社を辞めるのが自分にとって得なのか、はたまた残った方が得なのか、誰かの意志じゃなくて自分自身で選んでください。

仕事を辞めたいというのは、誰かの意志で決められるものではないですからね。

相談の目的は「違う考え方」の発見。仕事を辞めたいなら必ず相談しよう!

悩み事は、一人で抱えていても解決するのが難しいです。なぜなら、思考がマイナスマイナスの方向へ進んでいき、良い方向が見えないからです。だからこそ、他人に相談をし違う考え方や目線を手に入れるんです。

そこに新たな価値観があるからこそ、「仕事を辞めたい」という思いが会社に残る方向に進むかもしれませんし、次の会社で頑張ろうと思えるかもしれません。

人は一人で生きていけないと言われていますが、それはきっと、一人だと固定概念ガチガチになってしまうからだと思います。相談をして他人の意見や考え方に触れてみましょう。

悩みは転職の条件にもなる!

ちなみに、あなたが今持っている悩みは、転職するときの条件になります。

  • 人間関係が嫌だ→チームワークが良い職場へ
  • 風通しが悪い会社→自分の意見が言える会社へ
  • 給料が低い→高収入の企業へ

何かしらの不満は、次の会社の条件になります。不満を紙に書き出し、プラスに変換してみてください。そうすることで、自分が望んでいることが明確になります。

転職をするなら「転職エージェント」を使うべし!

もし、転職を考えているのであれば、転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントとは、あなたにアドバイザーが付いて転職をサポートしてくれます。あなたの条件に合った企業を探してくれたり、面接のアドバイスだったり、転職サイトにはない企業を提案してもらったり、様々なバックアップをしてくれるのが特徴的です。

転職エージェントについては、下記のサービスを利用してみてください!

まとめ

仕事を辞めたい人は、まず誰かに「相談」をしましょう。相談することは恥ずかしいかもしれませんが、あなたにはない価値観を与えてくれるはずです。

また、仕事を辞めるということは、人生においても大きな分岐点でもあります。

退職は、全国民が小学校に通うように誰もが体験することではありません。それほど重要なことなんです。だから、色々な人に相談をして意見を抽出するということは大切なことでしょう。

どうしても困っているという方は、私でよければ相談には乗ります。お問い合わせ - HYPER NOVA」こちらから連絡ください。

今、あなたは辛く苦しんでいると思いますが、まずはアクションを起こして明るい未来を勝ち取りましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
HYPER NOVA製作委員会

HYPER NOVA製作委員会

20代社会人へ向けたビジネスWEBです。あなたの仕事に「きっかけ」を与えるべく、一生懸命更新しています。暖かい目で見守ってあげてください。

-仕事を辞めたい

Copyright© HYPER NOVA , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.