20代が転職に失敗しないためのおすすめエージェントを紹介

HYPER NOVA

仕事を辞めたい

仕事を辞めたい30代へ | 転職先で30代が求められること

投稿日:2018年7月26日 更新日:

「30代だけど仕事を辞めて転職できるかな」「単純に職場が嫌だから仕事を辞めたい」

このように「仕事を辞めたい」30代は多いと思います。

30代となれば20代と違い余裕が生まれ、会社の細かいところまで見えてしまいます。

そこに嫌気が差し、辞めたい気持ちを加速しているのではないでしょうか。

しかし、その思いは一旦閉じて下記の記事をご覧ください。今あなたが考えていることに、少しでも刺激を与える内容です。

関連 仕事が評価されなくて悔しい方へ。今一度自分を見つめ直してみよう

転職先で30代が求められていること

もし、転職をするにあたって、雇う側は30代に何を求めているのか考えてたことがありますでしょうか。

仮に、あなたが人事部で雇用に携わる方であれば、どんな30代の人がいいですか?

私が考える欲しい30代の条件は2つです。

  • 管理能力がある
  • 責任を任させられる重要なポスト役

30代の方は、20代の社員よりも一歩上のレベルを求めるはずです。

管理能力がある

要は人を管理する能力です。20代のようにトップダウンで仕事をするのではなく、自発的に行動ができ部下を管理しなければならない年代です。

この能力がないと、30代の転職幅は広くありません。

もし仕事を辞めて転職を考えている方は、自分自身に「人を管理できる能力があるのか?」「自信はあ流のか?」しっかり考えてみましょう。

人を管理するというのは、ただコミュニケーションを取るだけではなく、部下を評価したりするなど仕事目線が必要です。

もし、この能力に自信がないのであれば、人を管理しなくても良い転職先か現職で働き続けるべきでしょう

いざ、転職して「ではこの部署頼むね」と言われたら詰みですからね…。

責任を任させられる重要なポスト役

30代は20代よりも責任を負わされる立場です。その責任の中で戦っていけるか非常に重要

考えてみてください。

責任が薄い20代と一緒に働いている30代は嫌ですよね?ある程度のプレッシャー耐性を養う必要があります。

もし、現職で責任を背負い切れていない30代は、転職で苦戦を強いられると思います。

逆に、自分を苦しい立場におき、それを乗り切った人は転職先でも乗り越えられますね。

仕事を辞める前に考えておきたいこと

もし仕事を辞めて、転職するなら働いている時に転職先を探したほうが安全です。

仕事を辞めたいけど転職先が決まっていない!体験談を元に3つのアドバイス」でも紹介していますが、いざ辞めて転職先が見つからない場合は…想像しただけで嫌ですよね?

開業や起業するのであれば別ですが、何も考えずに退職するのはとてもリスクが高いです。

仕事を辞める前にスキルを磨く

仕事を辞めたい30代の方は、スキルを磨いておくことで転職成功率が上がります。なぜなら、転職先でも欲しがられるのが「能力の高い人」だからです。

もしプロ野球チームを作るなら、上手い人を積極的に集めたいですよね?雇う側の企業だってエース級の人が欲しいのは当たり前です。だから、エースだと思わせるようにスキルを伸ばしておく必要があります。

私は旅行会社で働いていましたが、プライベートでWEBの勉強をしていました。今は、会社を辞めて異業種のWEB関連で仕事ができました。これも能力を密かに鍛えていたからです。

詳細についは「仕事を辞めたいけど転職先が決まっていない!体験談を元に3つのアドバイス」で紹介しています。気になる方は一読ください。

ともあれ、自己の能力を鍛えることは絶対に損はないです。転職するにしろ、今の会社に留まろうと、一度習ったことは腐りません。

仕事を辞めて転職をしたいなら自分を高めましょう。

関連記事
いつか会社を辞めるなら「自己を高めておこう」絶対転職で役立つ
いつか会社を辞めるなら「自己を高めておこう」絶対転職で役立つ

「いつか転職してやる」と、会社の方針や人間関係に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。 いろいろな不満がある中で働いて ...

続きを見る

今の会社に残る理由を見つめ直す

もし今、仕事を辞めたいと考えている方は、ちょっとだけベクトルを現職へ向けましょう。

辞めるということは、今まで働いてきた地位を全てリセットすることになります。

全てを投げ捨てるため「本当に辞めてよいのか?」と思いながら、現職を見つめ直しましょう。

  • 給料が上がる見込みはないのか?
  • 出世する見込みはないのか?
  • 今の会社は何が不安なのか?
  • 会社は自分を評価してくレているのか?
  • 家族は心配しないか?
  • 養っていけるのか?生活できるのか?
  • 同僚は何というだろうか?
  • 友達はどのような反応をするのか?
  • 会社の世間の評価は?
  • やりたい仕事は本当にこの会社にはないのか?

色々な悩みがあると思います。しっかりと現職を見つめ直し、退職をするかどうかを考えてましょう。

それでも転職したいなら真剣に全力に取り組む

適当に「転職するかー」と考えるのは早計です。全てがクリアになってから転職をしましょう。

中途半端にやってしまうのが一番ダメになるパターンです。30年以上も生きているあなたであれば、中途半端がダメなことは一番理解しているのではないでしょうか。

だから、転職と決めたら転職に全てを捧げましょう。もし、それでもダメだったら現職で骨を埋める決断もしなければなりません。

転職を手助けしてくれる「転職エージェント」

転職エージェントは、ビジネスモデルとして「早く転職先に受からせてあげよう」とします。なぜなら、転職エージェントはあなたの転職先から報酬をゲットできるからです。そのため、早く決めさせた方が売り上げが上がるのです。

しかし、転職をするこちらは本気なのだから納得いくまで転職先を吟味しましょう。

もちろん、あなたの能力にあった企業を探します。異業種の転職はワクワクして仕事への活力をもたらしてくれますが、何も知らない、分からない、状態であれば苦戦を強いられます。

孫子の兵法にはこんな言葉があります。「己を知り相手を知れば勝つことあれど負けることなかれ」

自分の力量を知り相手の事業を知れば、負けることはないという意味です。最悪な場合でも引き分けで終わるのです。

転職に失敗しないためにも情報リサーチはしっかり行っておきましょう。

おすすめ転職エージェント

やはり、大手の方がいいですね。雇う企業側からしても大手だと信頼と実績があるから、転職エージェントにお願いしやすいでしょう。

社会人であれば一度や二度は聞いたことがある社名だと思います。

CMも流すような転職エージェントですので、利用する側としても信頼度が高いし、ネームバリューがあるから適当な仕事はしないでしょう。

一度だけ利用したことがありますが、付いてくれたアドバイザーはとても良い人でした。

まとめ

20代と違い30代が仕事を辞めることは、人生においても重大なイベントです。次の転職先が人生最後の会社になるかもしれないくらいでしょう。

だから、適当に考えず真剣に検討し、現職としっかり比較してから意思決定してください。

転職サイトは「有効求人倍率が過去最高!」「売り手市場」など謳っていますが、必ずしもあなたが該当するわけではありません。

甘い毒に踊らされず、自分でしっかり考え行動してください。後悔のない選択を祈っています!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
HYPER NOVA製作委員会

HYPER NOVA製作委員会

20代社会人へ向けたビジネスWEBです。あなたの仕事に「きっかけ」を与えるべく、一生懸命更新しています。暖かい目で見守ってあげてください。

-仕事を辞めたい
-, ,

Copyright© HYPER NOVA , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.