20代が転職に失敗しないためのおすすめエージェントを紹介

HYPER NOVA

仕事を辞めたい

仕事が辛い!を乗り越える7つの対処法 | 辛くて涙が出そうになっている方へ

投稿日:2018年9月13日 更新日:

この記事のポイント

  • 仕事が辛いと思う理由
  • 仕事の辛さを乗り越える対処法が分かる
  • 辛い気持ちを一ミリでも払拭できる

「仕事が辛い…どうすればいいの?」

心底、辛い気持ちになっている人のために、一ミリでも「辛さ」を解消できる7つの方法を経験や体験を元に7つ紹介しています。

今の仕事が泣くほど辛いと思っている方は、解決するきっかけになるかもしれませんので、ぜひ参考にしてみてください。辛いならどうすべきかをしっかり向き合えば、自ずと幸せになれます。

仕事が辛い理由

仕事が辛い理由

仕事が辛いと思う主な理由

  • 人間関係
  • 仕事ができない自分
  • 上司がポンコツすぎる
  • 給料が低い
  • 仕事量が多すぎる
  • 残業・長時間労働
  • 通勤ラッシュ
  • 評価されない
  • 責任感が凄まじい

「仕事は辛いのが当たり前」とよく言われています。確かに、体と脳を動かして働いているのだから、それは辛いに決まっています。

しかし、抑えられない辛さというのは必ずあるものです。上司からのパワハラ、労働時間、人間関係、なかなか自分では改善することができない事柄で、辛さを感じる人だっています。

これらで「辛いのが当たり前」というのは、いささか無責任な発言だと私は思います。なぜなら、自分では「どうしようもならない」ことだからです。

「辛さ」に耐えることが出来ない人だってたくさんいると思います。だから、心底辛いと思っている人に、少しでも辛さを解消できる「辛さを乗り越える7つの方法」をお伝えします。

関連記事 仕事が限界だと思う5つのサインと対処法 | 限界だからって命を投げ出さないで!

「仕事が辛い」を乗り越えるための7つの対処方法

「仕事が辛い」を乗り越えるための7つの対処方法

ここで紹介する7つの方法は、今すぐ出来ることです。一人で悩み抱えず、まずは行動してみましょう。

行動しなければ、いま置かれている状況は変わりません。この方法で、辛さを乗り越えることができれば幸いです。

ズル休みしてみる

めちゃくちゃ辛いなら、ズル休みしてください。私が知っている同僚は、あまりにも辛すぎて「ズル休みしたら、なんだかスッキリしたわ」と笑いながら話していました。

理由を聞くと「優越感?みんなが真面目に働いているのに、私だけ休んでざまあみろ」と…

確かに、ズル休みは悪印象かもしれません。ズルだとバレたら自身の評価を落とすことになり、会社で孤立してしまう可能性だってあります。

しかし、ズル休みはバレなければ良いんです。

私の友人のように、リフレッシュすることができれば全力でズル休みすべきです。リフレッシュして、心と頭を切り替えることができれば、今よりもクオリティーが高い仕事は絶対できるはずです。

ズル休みをする時に注意すべきこと!

ただ、ズル休みは本当に辛い場合のみにしてください。あまり辛くない状態でズル休みしても、休み癖がついてしまい余計に仕事が辛くなるからです。

例えば、GW・お盆・年末年始など長期間後の仕事って、なんだかやる気が出ないですよね?

その感覚と一緒になる上に、ズルで休んだから「また休めんじゃね?」と悪い欲求が芽生え始め、サボり癖が懸念されます。よって、ズル休みする際は「本当にどうしようもない時」にしてください。

ランニングなど運動をして汗をかく

運動とストレス解消の因果関係は研究で立証されています。厚生労働省が発表している「こころと体のセルフケア」でも体を動かすことを推奨しています。

運動には、ネガティブな気分を発散させたり、こころと体をリラックスさせ、睡眠リズムを整える作用があります。とくに効果的なのは、体の中に空気をたくさん取り入れながら行う有酸素運動。軽いランニングやサイクリング、ダンスなどがそれです。

引用:体を動かす|こころと体のセルフケア|ストレスとこころ|こころもメンテしよう ~若者を支えるメンタルヘルスサイト~|厚生労働省

もし、ランニングやサイクリングなど身体的に辛いなと思ったら、散歩でも問題ないです。

とにかく「運動」がキーポイントですので、辛くなったら体を動かし、汗とともにネガティブな感情を流してしまいましょう。

私は毎日30分のジョギングを欠かさず行なっています。健康目的が強いですが、運動した後って頭がリフレッシュするから仕事効率が上がる気がします。ぜひ、運動は取り入れてみてください。

運動をするなら20分以上がベスト

運動といっても、5分や10分では意味がありません。20分を目安に行ってください。なぜ、20分以上が良いかというと、ダイエット効果が見込めるからです。

人間は20分経過してからより脂肪燃焼すると言われています。リフレッシュのついでにダイエットも見込める、一石二鳥というわけです。

スマートな体を手に入れることができれば、ポジティブなハロー効果が見込めます。

無理やりポジティブ思考

いま、仕事が辛いと思っているならネガティブな思考で埋め尽くされているはずです。「仕事行きたくない」「またミスしたらどうしよう」「上司と会いたくない」など、悪いことばかり考えていることでしょう。

しかし、その考えを消去し「楽しくるなること」にシフトしてみてください。

「仕事が行きたくない」と思っているなら「明日仕事に行きたくてたまらね!アハハ!」「ミス?関係ないよ。ミスは私の糧になっているのだからね!」「明日こそ上司を攻略してやる」など、常に前向きに考えてみてください。

すると、考えている自分が楽しくなって辛さが薄れます。それと、ウジウジと悩んでも誰も助けてくれません。辛さをどう乗り越えるべきかを考える方が、よっぽど充実します。

ポジティブ思考はドンドンと研究が進んでいる

ノースカロライナ大学の研究では、ポジティブとネガティブ比が「3:1」以上の組織はうまく行くと言われています。逆に「3:1」を下回ってしまうと、組織の関係性が悪くなると発表しています。

また、山里大学の島津明人氏は、職場のポジティブメンタルヘルスと行動医学で「活力」「熱意」「没頭」の3つをワーク・エンゲイジメントとし、これらの感情や行動が増加することで仕事が生き生きすると発表しています。

ポジティブの恩恵はとても大きいということを覚えておきましょう。

何かのオンリーワンを目指せ!向上心を持つこと

業務の中で、自分のベストを目指してください。

私は以前、旅行会社に勤めていました。旅行には「接客」「海外旅行」「国内旅行」「飛行機」「鉄道」「バス・タクシー」「宿泊」「観光地」など様々なことを覚えなければいけません。

その中で私は、「どれか一つ絶対に負けないもの」を意識して働きました。そうすると、自然と仕事が楽になります。なぜなら、自分の強みがあるからです。

強みがあれば、自信にも繋がるし、誰かに教えることができる優越感も感じるし、「こいつに聞けば大丈夫」という信頼性も確保できます。

ですから、仕事が辛いと思ったら何でもいいです。「自分の強み」を見つけて長所を伸ばし、そのカテゴリーでオンリーワンを目指してみてください。

そうすれば、あなたは職場で欠かせない存在になるでしょう。

向上心はポジティブと一緒で「活力」を産む

向上心は生きていく上で、とても重要なことだと思います。

たとえば、部活や入学試験。なぜ、部活を頑張ろうと思いましたか?それは上手くなりたいと願っていたからです。なぜ、入学試験のために勉強したのですか?合格するためです。人は、目標があれば頑張れるんです。

仕事だって一緒です。「給料をもっと沢山もらう」「同期より早く出世してやる」あるいは「このムカつく上司を俺の部下にしたる」など、何でもいいので目標を設定し、その目標へ向上していきましょう。そうすれば、辛さなんて忘れます。

満腹になるまで飯を食う

暴飲暴食は、過食症や肥満などの大きな原因になりますが、仕事が辛いときくらい満腹になるまでメシを食いましょう。

インターネットの情報では満腹と幸福度は比例しないなど言われていますが、個人的にはご飯を食べてお腹いっぱいになった方が幸せになります。

それと、元気がないからこそ栄養をたくさんとった方が良いと思いますね。人の体は栄養がなければ活動できない仕様だからです。食べ物は生命の源なんですよね。

お腹を空かせるほど、悲しいことはありません。仕事が辛くても、ご飯を食べて食べ物から活力をもらいましょう!自分の好きなものを目一杯喰らって、食べ物から元気を分けてもらいましょう。

苦しくなるほど食べないこと

あくまで、幸せと感じる満腹感です。苦しいほど食べてしまうと、ただただ気持ち悪くなるだけです。「あぁ〜食ったわ〜」とリラックスできるくらいの適応量を取ってくださいね。

また、食べることで辛さを吹き飛ばす方法は、癖になってしまうので注意です。

私は社会人になってから、プラス10キロの体重増加に成功しました。辛さを食欲に変換してしまった影響です…今は一所懸命ダイエットに励んでいます(笑)

早く寝ろ!充分な睡眠は思考を切り替える

睡眠の重要性は、より注目されています。グーグルやナイキなど昼寝を取り入れる企業が増え、睡眠に対しての意識が向上し始めています。

なぜ、睡眠が大切かというと、心身の疲労回復・記憶の定着・免疫力向上などがあります。逆に睡眠不足になると病気のリスクが上がると言われています。

仕事が辛いと悩んでいる方の中には、長時間労働を強いられ睡眠を削ってしまいがちです。

それでは、心身の疲労回復は見込めません。辛いという気持ちは、心が疲弊している証拠です。回復するためにも充分な睡眠を心がけてください。しっかりと睡眠を取るだけでも、日々の気持ちは変わってきますよ。

また、睡眠をしっかりとれば、仕事中の眠気も無くなります。仕事中によく眠気に襲われるなら「仕事中の眠いを今スグ吹き飛ばす5つの解決方法!単純なパソコン作業中の睡気対策!」こちらの記事を参考にしてみてください。

適正な睡眠は「ブレスローの7つの健康習慣」にも挙げられている

睡眠に対する健康の影響は、1972年に研究が終えています。それが「ブレスローの7つの健康習慣」です。アメリカのブレスロー博士が40年前に睡眠の大切さを証明していたのです。

この健康習慣は、頭の片隅に置いてきましょう。

辛いときに試してみると、役立つ時がきっとあります。私の場合は「朝食を食べる」「運動」「睡眠」「間食をしない」を参考にしていますが、心身ともに充実しています。

どうでもいいや!と開き直ってみる

論理も何もないですが、開き直ってみるのも1つの手です。だって、どうにも出来ないなら開き直るしかないじゃないですか?あとは、時の流れに身を任せて、どうなるか待ちましょう。

それでも治らなければ、上記の手を打つなり転職や部署異動を検討しましょう。正直、あまりに悩みすぎるのは心身に毒ですので、一旦ぬるいお風呂に入ってボーッとしてください。思考を止めてみてください。

そうすれば、なんだか笑ってしまい、辛さがバカバカしくなります。意外と効果的な方法だと思いますので、ぜひ使ってみてください!

ボーッとするのは良質なアウトプットにもなる

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)」の著者・樺沢紫苑氏は「ボーッとすることもアウトプットには重要」だと喝破しています。

ボーッとするのは、時間の無駄だと思われがちですが、脳科学では「ボーッとするのが効果的」と言われているそうです。

仕事の辛さとアウトプットは関係ないかもしれません。だが、悩み考え込むよりも、脳に良いなら取り入れてみるべきではないでしょうか。

仕事が辛くて泣いてしまうレベルなら「辞めること」を考える

仕事が辛くて泣いてしまうレベルなら「辞めること」を考える

辛すぎて涙を流してしまう…それは、れっきとした体からの警告です。涙をながすということは、仕事を拒否している段階にあると思います。

正直、かなり重度のレベルかなって思いますね。今まで、仕事が辛くて泣いている人を見てきましたが、共通して目が虚ろなんですよね。輝きがなく、雰囲気全体も暗いです。

もしかしたら、あなたもその段階まできているかもしれません。認めたくないかもしれませんが、とにかく辛すぎなら下記の2つは覚えておいてください。

本気で仕事に行きたくないなら辞めることを真剣に考えるべき
仕事に行きたくない!泣くほど辛い20代社会人が知っておくべき4つのこと

「仕事の日の朝は、泣いてしまうほど仕事に行きたくない」 「仕事に行きたくないけど、どうすれば良いのか分からない」 「もう ...

続きを見る

必ず誰かに相談してみること

親、上司、友人、兄妹など心の内をさらけ出せる人に相談してください。相談は、直接的な解決にはなりませんが、心のモヤモヤを吐き出すことができ、少なからずスッキリします。

また、相談することで、あなたの辛さを解決する糸口やヒントを得られる可能性だってあります。

今、辛さから解放されたいと考えているのであれば、一人で悩み抱えずまずは相談です!相談については、下記の記事で詳しく説明しています。

仕事辛い相談
仕事がめちゃくちゃ辛いなら誰かに相談すべき3つの理由

「仕事が本当に辛い…この気持ちはどうすれば良いの…」 と、悩んでいる方は「まず相談」です。友人でも良いし、外部の機関でも ...

続きを見る

転職も1つの手段とする

辛さが職場にあるのであれば、その職場から離れることも一考すべきです。転職は今の会社を辞めることになるから、後ろめたさを感じるかもしれません。でも、辛いのはその職場です。「転職とか…」と思わず、チャレンジしてみてましょう。

そもそも、転職活動は今の会社にいながらも活動できます。失敗しても、今の会社で働くことができるため生活には困らないはずです。

転職活動をするなら、下記の転職エージェントを活用してみてください。

仕事は辛いけど…乗り越えた先には必ず「楽しい」が待っている

仕事は辛いけど…乗り越えた先には必ず「楽しい」が待っている

今あなたは、谷の底にいます。暗く苦しい時期にいるでしょう。しかし、その辛さを乗り越えれば「楽しい」ことは絶対あります。その楽しさを掴むために、どう足掻いていくかが大切なことだと私は思います。

「仕事が辛い、仕事が辛い」と言っても、何も解決しません。

総理大臣に「仕事が辛いんですけど…」と言っても、総理大臣だってあなたの辛さを100%解決することは出来ないんです。全ては、己自身がどうあるべきかをしっかり考えるようにしましょう。

ジッと今の辛さを耐えて、時間が解決してくれるのを待つことでも構いません。あなたが辛さから逃れられる、ベストな選択肢を選んでください。

私が行った克服方法

参考までに私の克服方法は、会社を辞めたことでした。元お国の会社でしたので、将来は安泰だったかもしれませんが、私には耐え難い辛さでした。

その辛さがあったからこそ、こうして趣味でコツコツやっていたWEB関係の仕事をすることになりました。条件は会社員時代より低いですが、充実度は全然違います。

毎日が楽しいし、朝起きるのも苦ではなくなりました。

退職する際、周りからは「逃げ」「勿体無い」と言われましたが、それって所詮他人事。自分が一番「幸せ」だと思うオプションを取れたってことは、私の人生の中で大きな財産だと思っています。

あなたの幸せは、私と同じではありません。

あなたが思う幸せを勝ち取るためにどうすればいいのか…この記事に出会った今だからこそ考え直してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。仕事の辛さを、少しでも解消してやろうと思えたでしょうか?もし、思うことができれば、ここまで執筆した意味があったと嬉しく思います。

仕事が辛いのは当たり前ですが、過度の辛さを感じるのは体に毒です。助かろう、幸せになろう、と抗ってください。そうすれば、自ずと明るい将来があなたに待っていると私は信じています。

まだ時間がある方は、下記の記事も読んでみてください。今のあなたに、参考となるかもしれません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
HYPER NOVA製作委員会

HYPER NOVA製作委員会

20代社会人へ向けたビジネスWEBです。あなたの仕事に「きっかけ」を与えるべく、一生懸命更新しています。暖かい目で見守ってあげてください。

-仕事を辞めたい

Copyright© HYPER NOVA , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.