20代が転職に失敗しないためのおすすめエージェントを紹介

HYPER NOVA

仕事

20代必見!仕事の評価を上げる7つの黄金ルール | 給料UPを勝ち取る!

投稿日:2018年7月16日 更新日:

今の仕事で評価を上げて活躍したい

会社で働くほとんどの人は「評価を高めたい」と考えるはずです。かくいう私も評価を上げるために切磋琢磨しました。

評価が上がれば、給料も上がるし、チヤホヤされる、将来的にも役に立つ材料、など評価が高ければ高いほど良いことばかりです。

しかし、どうすれば評価が上がるのか?って分からないですよね。

評価の上げる方法を知らない方のために、上げる方法を紹介します。

関連 仕事ができない人の11の特徴と改善方法 | 部下・後輩を指導する人たちへ

評価が上がれば給料も比例してUPする可能性がある

なぜ仕事の評価を上げる必要があるのか?

そもそも、なぜ評価を上げる必要があるのでしょうか?日本企業の場合、クビになることが稀ですから、特別何もしなくても出世していきます。

しかし、評価を上げなければならない理由があります。それが「給料UP」です。

プリンストン大学のダニエル・カーネマン氏の研究によれば、年収900万円までは年収が上がるにつれ、幸福度も高まっていくと言われています。

つまり、給料が上がれば、幸せになれます。当然ですよね、毎月高い給料が貰えれば嬉しいに決まっています。

その幸せを掴むために、下記の7つのルールは覚えておいてください。

仕事の評価を上げる7つのルール

仕事で自分の評価を上げる7つのルール

評価を上げる必要性は人それぞれです。私の場合は「もっとお金が欲しい」と思い、会社員時代は切磋琢磨しました。

そこで培った経験を元に、評価を上げるための方法を7つ紹介します。1つでも多く実践してみてください。

目の前の仕事を一生懸命を行う

もっとも大切なことは、目の前の仕事を一生懸命に取り組むことです。誰よりもクオリティーの高い”当たり前”をできる人は評価を上げるでしょう。

例えば、コンビニの接客をイメージしてみてください。同じレジ打ちでも、「この人は元気がある」「この人は声が小さい」など違いがありますよね?

同じことでも、取り組む姿勢が違えば印象は変わります。

どうすれば他者が喜ぶのか?この想いを持って業務に取り組んでください。一生懸命に仕事を行える魔法のメンタリティーです

数字を活用し上司の信頼を高める

報告や改善を行う場合は、数字を活用しましょう。数字は文字よりも理解しやすいですし、どこを変えればいいのか?改善すれば良いのか?が明確になります。

また、口での報告でも「〇〇%向上し〇〇円の売り上げを確保しました」など、数字を盛り込むだけでグッと深みがでます。

数字は意識しておいて損はありません。小さな報告でも取り入れてみてください。

何かをする時は、必ず数字を入れれないか考える癖を付けておきましょう

チームメンバーと良好な関係を築く

協調性がない人間は評価されません。日本人であればなおさらです。

どんな優秀な人でも協力意識が低ければ、悲しいことに評価されにくいです。スティーブン・ジョブズのような強力さがあれば別ですが、そんな人は稀です。

自分の力に過信・慢心せずに周りと良好な関係を築きましょう。

大切なのが話しかけれるコミュニケーション力。良好な関係が出来上がれば、意見を言い合える素晴らしい環境になる

アイディアが浮かんだら相談しアクションを起こす

もし、仕事に対するアイディアが浮かんだらすぐに相談し、行動アクションを起こすべきです。

仮に良いアイディアだと認められたら、深掘りして仮定・仮説などを繰り返し、イメージを具現化していきます。

これができる人は、本当に評価上げることができますね。いつの時代も行動する人は強者です。

例えば、ジョブズだってiPhoneを考え行動し実現したからこそ、今でも評価されていますよね?Facebookのマーク・ザッカーバーグだって行動し世界最大のSNSを作りあげました。

失敗を恐れないで行動第一。失敗を笑うやつは行動力のない人に過ぎない

仕事は情熱と熱意

仕事で評価を上げるメンタリティで、大切なことが情熱と熱意です。この強い意志が無ければ、良い仕事なんてできません。今の仕事を信じて己が持つ全能力を注いでください。

そうすれば、必ず評価してくれる人が現れますし、周りの人もあなたに影響されレベルを高める相乗効果も見込めます。

頑張っている人が近くにいれば「俺(私)もやってやるわ!」となったことはありませんか?

情熱と熱意があれば上手く回る。大切にすべきメンタリティ

上司・会社の命令は遵守

癪に障るかもしれませんが、上司や会社の言うことはきちんと守りましょう。反論したい気持ちもあると思いますが、評価してくれるのは上司であり会社です。

不要な言い争いは、あなたの評価を下げてしまうかもしれません。

中には能力も無いのに、上司の犬となり出世していく人もいますが、評価を上げる点においてはとても有効な手段です。

私には出来ないことですが、もし出来るのであれば上司に気に入れられるような行動を心がけましょう。

上司や会社に気に入られる人間になろう

結果を出す

1番わかりやすくシンプルな方法が「結果」です。結果を出せば、誰であろうと評価されます。

例えば、サイバーエージェントの藤田晋氏は就職したインテリジェンスで5,000万円の粗利益を出し、起業する際はインテリジェンスの宇野社長が出資するなどしました。

出資には様々な理由があると考えられますが、「結果を出した藤田氏だから」という思いも少なからずあるのではないでしょうか。

仕事で評価を上げるためには「結果」も大切な要因

評価を高めるために自分をコントロールせよ

評価は、一朝一夕で高めることができません。長いスパンで考える必要があります。

決して簡単ではない道であるため、胸に秘めておきたいことを説明します。ふとした時に、思い出してくれると嬉しいです。

高いモチベーションを維持する

恐らく、一番難しいのがモチベーションの維持です。仕事に慣れていくとダラけてしまうことがありますが、そこでダラけてしまってはダメです。

あなたは高い志があるはずですから、その志のためにモチベーションを維持し、切磋琢磨していきましょう。

もし、モチベーションが低くなってきたら「仕事のモチベーションが上がらない!やる気を向上させる7つの方法」を参考にしてください。

如何なる時でも感情的にならない。クールを意識

人は、自分の主観を崩されると「怒り」を覚えます。例えば、上司と意見が合わない時、これはお互いの主観がすれ違うことで発生します。

そこで、感情的になってしまい声を荒げてしまっては、一気にあなたの評価が崩れる可能性があります。

でも、ただ従うだけの犬にはなりたくないのが本音だと思いますから、もし頭に血が上りそうになったら「クールに」を思い浮かべ、冷静に対処することを心がけましょう。

感謝・謙虚を忘れない

最後に、感謝と謙虚を忘れないでください。評価を上げることだけに集中してしまうと、盲目になってしまうことがあります。

私は「給料を上げるために、評価を上げる」ことだけに集中してしまい空回りしたことがあります。

あなたがそうならないために、常に「ありがとう」を意識し、正直である謙虚さを心がけてください。

この2つだけでも、あなたの評価が高まる要因にも繋がる可能性があります。覚えておいて損はない二言です。

まとめ

経験を元に評価を上げる7つのルールを紹介しました。

  1. 目の前の仕事を一生懸命を行う
  2. 数字を活用し上司の信頼を高める
  3. チームメンバーと良好な関係を築く
  4. アイディアが浮かんだら相談しアクションを起こす
  5. 情熱と熱意
  6. 上司・会社の言う事は必ず聞く
  7. 今の仕事環境を改善する

少しでも「仕事がんばろう」って思ってくれたら嬉しいですし、本記事をここまで書いて良かったです。

仕事で自分の評価を上げることは、幸せに連結するかもしれませんが、とても難しいことです。けど、正しいことを見抜いて頑張れば絶対評価されます。

私は学歴の壁をどうしても超えれず挫折してしまいましたが、これを読んでいるあなたは私よりも自慢できる学歴を持っているはずです。

だから、目の前の仕事を全力で頑張ってください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
HYPER NOVA製作委員会

HYPER NOVA製作委員会

20代社会人へ向けたビジネスWEBです。あなたの仕事に「きっかけ」を与えるべく、一生懸命更新しています。暖かい目で見守ってあげてください。

-仕事
-,

Copyright© HYPER NOVA , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.