仕事で評価を上げるための7つの方法【早く出世して給料UPしたい方へ】

更新日:

【給料UP】仕事で自分の評価を上げる7つの黄金ルール

仕事の評価を上げて、給料をもっと貰いたい!

本記事では、仕事で評価されたいと願っている人に向けた内容になっています。

仕事で評価されることって非常に難しいですが、評価されたときの恩恵は大きいです。なぜなら、自分自身にとってプラスとなることが多いからです。

例えば、早く出世して給料が上がったり、周りから頼られたり、上司に食事をおごってもらったり、いろいろなメリットが生まれます。たった1回でも評価されたら、あなたへの目線は変わります。

しかし、評価を上げるって簡単ではありません。

長い年月がかかるし、上司など職場の人たちとの相性も関わってきます。でも、最低限できることは確実にあります。

本記事では、あなた自身の仕事の評価を上げるコツを紹介します。給料UPや出世を勝ち取りたい人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

仕事で評価を上げるための7つの方法

仕事で評価を上げる7つの方法は、以下の通りです。

  1. 与えられたタスクは一生懸命こなす
  2. ポジティブ思考人間になる
  3. 出来る限りチームメンバーと良好の関係を築く
  4. 常に行動第一
  5. 上司からの業務指示は、上司の期待以上で返す
  6. 時にはマルチ人間より特化人間が優遇される
  7. 身だしなみを整える

与えられたタスクは一生懸命こなす

長年、同じ会社で働いているとダラダラと仕事をする人が増えます。いわゆるマンネリ化というものです。業務内容に新鮮味がなく、キラキラと輝いていた新人時代は遥か彼方状態です。

周りにそんな先輩や上司はいませんか?もし居たら、それは悪い例の人たちです。あなたは絶対に真似しないようにしましょう。なぜなら、あなたの目的は評価を上げることだからです。

もし仮に、あなたが上司だったらそんな人たちを評価したいですか?したくないはずです。評価を付ける上司が、常識人であればダラダラと仕事をしている人よりもテキパキ働いている人を評価するはずです。

なので、自分に与えられたタスクは一生懸命こなしましょう。

ポジティブ思考人間になる

仕事は出来る限りポジティブに考えるようにしましょう。なぜなら、ネガティブな事ばかりを考えると悪い側面しか見えなくなるからです。

例えば、業務の流れに不満があったとします。ネガティブな人ほど、不満だけをフォーカスしてしまう傾向があります。改善提案する度胸がないため、愚痴を言うしかないんです。

でも、ポジティブ思考であれば、マイナス面をプラス面に変えようとする行動意欲が湧きます。ネガティブな思考で満たされた人には、できない芸当です。

そのため仕事に対しては、常にポジティブを意識して下さい。嫌なこともあるかもしれませんが、ネガティブよりもポジティブの方が仕事意欲も湧くし、自分自身も楽しく仕事をすることが出来るでしょう。

職場の人と良好な関係を築く

仕事で評価されている人たちは、周りのメンバーたちと良好な関係を築いています。プライベートにまで絡むような親密さではありませんが、仕事をしていく上で絶妙な距離感を保ちます。理由は、良好な関係なほど業務をスムーズに進みやすくなるからです。

もし、あまりコミュニケーションをとったことが無い人と、それなりに会話したことがある人であれば、どちらが仕事をスムーズにこなせそうですか?もちろん後者ですよね。

一度でも良好な関係を築くことができれば、相対的に業務スピードも上がります。仕事の頼みごとをしやすいからです。だからこそ、仕事で評価される人は周りとのコミュニケーションの図り方が上手なんです。

コミュニケーションという概念は、とても複雑で難しいです。しかし、一度構築してしまえば楽なものなので、勇気を持って職場の人と良好な関係を築く努力をしてみて下さい。

常に行動第一

仕事で評価を上げるためには、行動第一を心がけてください。ビジネスは先に手を挙げたものが、評価されるという不変のルールがあるからです。

例えば、iPhoneだってスティーブン・ジョブズが、誰よりも先に考えたからこそ爆発的なヒットになりました。ガンホーのパズドラだって、スマホが普及し始めてすぐにゲームを作ったからこそ、今でも多くの人がプレイしています。

ビジネスでも仕事でも、先手を取った人が評価されやすい傾向があります。もし、良いアイディアを思いつき改善見込みが出来たら、思い切って行動してみてください。誰よりも先に行動するのがミソです。

上司や先輩からの指示は、期待を上回るよう努力する

言われたことだけをやるのではなく、指示された人間の期待を上回る結果を考えましょう。

例えば、私ごとですが年末に実家へと帰省した際、母から廊下の拭き掃除を頼まれました。私は廊下だけではなく、茶の間やバスルームの方も拭き掃除しました。すると母は、「え?そこまでやってくれたの!?ありがとう!」と喜んでくれました。

これは母の期待を上回った結果です。

仕事も同じで、上司から指示があった場合「こちらも用意してみました」「こちらの方が良いと思いますが、いかがでしょうか?」と、言われた指示内容ではなく+αを意識してみてください。

きっと、自分をみる上司の目や態度が変わるはずです。人間は思いもよらぬことを体験すると、大きな衝撃を受けます。

時にはマルチ人間より特化人間が優遇される

仕事で評価される人は、マルチタスクをこなせる人だと思われがちですが、これはノーです。何かの知識に特化した人材も評価される傾向があります。

例えば、何でも業務をこなすスーパー人間がいたとしましょう。でも、あなたはWordで作成する文章力や構成力だけは、スーパー人間を上回っています。仮に上司が、Wordの資料作成を頼もうとしたら、どちらの人の方が信用・信頼度は高いですか?答えは明白ですね。

何かに特化した能力を身につければ、幅広く業務をこなせる人にも勝てる見込みがあるんです。

この発想は、ランチェスター戦略の応用です。もし、ランチェスター戦略を知らない方は、下記の本で勉強してみてください。今後のビジネスシーンでも活用できるアイディアです。

身だしなみを整える

服装や髪型など、身だしなみが整えられている方は評価されやすいです。身だしなみが良いと、ポジティブなハロー効果が生まれます。

ハロー効果は自分の価値を高める効果があるので、ビジネスパーソンは覚えておくべき言葉です。

ハロー効果(ハローこうか、英語: halo effect)とは社会心理学の用語で、ある対象を評価する時に、それが持つ顕著な特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められる(認知バイアス)現象のこと。

引用:ハロー効果 - Wikipedia

簡単に説明すれば、身だしなみが整っているだけで、自宅も清潔感に溢れているなど勝手に想像させることです。

仕事の評価を上げて給料UPだ!

仕事の評価を上げる7つの方法を紹介しました。ここで紹介した例は、とてもシンプルなことばかりです。冷静に考えれば、誰でもできる簡単なことです。もし、共感いただける内容があれば、明日から意識して取り組んでみてください。

給料UPすれば、生活にも余裕が生まれるし、将来のための貯金額も増やすことができます。評価を上げるための努力は、決して腐ることがないため、倒れない程度に頑張ってください。体を壊してしまったら、本末転倒ですからね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
HYPER NOVA製作委員会

HYPER NOVA製作委員会

20代社会人向けの情報メディアです。仕事から恋愛・旅行まで20代の方が興味を引きそうなネタを発信しています。楽しみながら読んでもらえるよう全力で運営しています!

-給料・賞与の悩み
-,

Copyright© HYPER NOVA , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.