20代が転職に失敗しないためのおすすめエージェントを紹介

HYPER NOVA

いつか会社を辞めるなら「自己を高めておこう」絶対転職で役立つ

ビジネス・経済

「転職が当たり前の時代」を懸念すべきこと。本当に転職は正義なのか?

投稿日:

現代の社会は転職にポジティブな人が多くなってきています。私の周りにも、転職を希望する方が増え、前の会社の同期からは「辞めたいけどどうすれば良い?」と連絡が来たりします。

どんどんと転職が浸透して来た今、もし仮に「転職が当たり前」になったらを本記事では考えてみました。メインとしては、当たり前になったことで懸念すべきことです。

転職に対して悩んでいる方、調べている方、どういった方向性になっていくのか知りたい方は参考にしてみてください。

「転職をしたい」と考える人は増加傾向

転職サービス「DODA」を展開するパーソルキャリアは、「転職サービス「DODA(デューダ)」『転職』がイメチェン?“当たり前”の時代に突入!転職に対してポジティブに捉えている人が全世代で過半数に」を発表しました。

20〜60代にアンケートを取り、その中で転職をポジティブに考えている人は56.4%まで登りました。

特に20代が多く、その理由は「プライベートを充実させたい」という思考が強いようです。

今回のデータで分かったことは、転職に対しネガティブな要素が薄れつつあるということです。

一昔前までは、転職組に対し嫌悪感を抱く部分がありましたが、もうそんな時代は終焉に向かっています。

転職が当たり前になったら…より能力が問われる戦国時代へ

転職が当たり前になってしまった場合の懸念材料。それは、有能者の取り合いが発生し人材の取り合い合戦です。

そのため、デキる人たちはドンドンと高給料を獲得し、裕福な生活を送ることができるはずです。

しかし、すべての人が有能ではあります。すべての人が仕事を完璧にできる人ではないでしょう。となれば、どういったことが起こるのか?

格差社会が加速する

弱肉強食の時代となってしまい、弱い者は淘汰され強い者がより目立っていくでしょう。

恐らく、今はパワハラなど人材に関わるのニュースが多いですが、これからの時代、仕事が出来ない人は構われず捨てられる時代になるのではないかと恐れています。

なぜなら、「パワハラするくらいなら、捨てたほうがいい」と思う人たちが増えるからです。

終身雇用の意識が低くなれば、より顕著に弱き者は淘汰される

仮に、「転職が当たり前」の時代となったとしましょう。すると、終身雇用の意識が薄れ、企業側からすれば「この人は不要だから切るね」という発想になりかねません。

なぜなら、「転職が当たり前」の時代になっているから「どこか拾ってくれるんじゃね?」と考えるはずです。私が社長であれば、この考えに行き着きます。

しかも、終身雇用は企業にとってリスクしかありません。生産性が低い人を雇用し続けなければならないし、その人を負担し続けなければならないからです。

それが解除されれば、生産性を産まない人は容赦無く切るでしょうね。企業としても、有能な人は残してその人に還元し手厚くサポートしたいと考えると思います。

倒産する企業が増える

人材を集められる企業は強くなるのは当たり前ですが、有能な人材を確保できない企業は倒産していくでしょう。企業側としても、如何に自身の会社に強者を在籍させておくかがキーです。

これは、イタリアのサッカーチーム「ACミラン」が分かりやすいです。当チームは00年代中盤は、最強と言われていたチームでした。各国のエースが在籍し、ヨーロッパのクラブチームが参加する大会でも毎年決勝トーナメントに進出するようなチーム。

しかし、財政難に苦しみエース級の選手を次々と放出し、今や欧州の大きなトーナメントに参加できないほどの中堅クラブまで成り下がりました。今では、黄金時代の面影はありません。

このように、会社も一緒です。エース級の人材が辞めていくと、存続が難しくなっていきます。ACミランは倒産しないですが、企業になると人材難で倒産して行く会社も増えていくかもしれません。

「転職が当たり前」を生き抜くためにはどうすればいいのか?

答えは簡単です。個の能力を高めることに徹するだけです。変化に対応できる能力を如何に養って、色々な場面で活躍できるかがキーになります。

そのためには、様々なジャンルを勉強し、客観的視点を強化する必要があります。実力社会が広がってくるのであれば、今のうちに個を強めていくことが何よりも重要です。

何事もチャレンジする姿勢を習慣付けること

個を強化することで最も大切なことは、何事にもチャレンジし挑戦していく姿勢です。人は、挑戦しなければ強くなりません。何もしないで強くなれる人間は、どこにもいないです(いたら教えて欲しい)

だから、常にチャレンジャーであり続けるメラメラと燃えた強い意志を持ちましょう。

「めんどくさい」「なんとかなるでしょ」「まだそんな時代じゃないし」と油断していると、いつどうなるか分かりません。「備えあれば憂いなし」と言います。

もし、本記事を読んでみて「ヤベェな」と思ったら、今すぐ書店へ向かい、自分自身が興味あることでもいいから勉強をしましょう。

私は、すでにWEB関連の勉強を初めています。パソコン言語とか物凄く難しいですが、どこかで使える能力だと信じて少しずつ知識を蓄えています。

しないよりも、した方が強いに決まっているので、これからの時代に危機感を覚えている方は、個を強くしていきましょう!

まとめ

「転職が当たり前」になった後の日本社会を考えてみました。あなたは、どういった見解を持っていますか?

もちろん、転職が当たり前になって良いこともあります。企業がより良いサービスを展開し始めることです。でも、その影で苦しむ人も増えるのも考えられます。

さぁ、あなたはどちらの人間になりたいか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
HYPER NOVA製作委員会

HYPER NOVA製作委員会

20代社会人へ向けたビジネスWEBです。あなたの仕事に「きっかけ」を与えるべく、一生懸命更新しています。暖かい目で見守ってあげてください。

-ビジネス・経済

Copyright© HYPER NOVA , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.