20代が転職に失敗しないためのおすすめエージェントを紹介

HYPER NOVA

転職エージェントの担当者との接し方 | 良好な関係の方が良いに決まってる

転職エージェント

転職エージェントの担当者との接し方 | 良好な関係の方が良いに決まってる

投稿日:2018年11月4日 更新日:

転職エージェントに登録をしたら、あなたに担当者(アドバイザー)が付きます。あなたの転職をサポートしてくれる心強い味方です。

でも、人と関わるため、コミュニーケーションを取らなければならなくなります。コミュニケーションといえば、「めんどくさい」「人と話すのが苦手」「どうやって話せばいいか分からない」などネガティブな発想をしてしまう方がいるでしょう。

しかし、本記事の内容を読めば、どのように担当者とコミュニケーションを取ればいいのか分かります。ぜひ、本記事の内容を参考に、担当者と接してみてください!

転職エージェントの担当者との上手な接し方

常にポジティブに

大前提として、担当者との会話は、常にポジティブを意識してください。あなたもそうだと思いますが、ネガティブな人と話すよりポジティブな人と会話した方が楽しいですよね?

あくまで、担当者も感情を持った人間です。転職エージェントの人と考えるのではなく、一人の人としてコミュニケーションを図るようにしましょう。

そもそも、ポジティブな人はハロー効果が抜群です。ポジティブな人は「明るい」「気さく」「やる気がある」など、プラスのイメージを植え付ける要素でもあるため、ネガティブよりポジティブで接した方が担当者もやりやすいと思います。

ただし、ポジティブすぎると雑談など転職に関係のない会話をしてしまう部分があるため、転職という主旨を忘れないようにしましょう。

転職へのやる気をみせる

嘘でも良いので、転職エージェントの担当者には「俺は転職をするぞ!」というやる気をみせてください。

転職エージェントのビジネスモデルは、あなたを企業に内定させて内定側の企業から手数料を貰う仕組みになっています。詳しくは「転職エージェントが無料である理由は?利益の流れはどうなっているの?」で解説しています。

そのため、転職エージェントは是が非でもあなたを内定させたいんです。そうでなければ、転職エージェントとして成り立たないからです。

やる気をみせることによって、担当者は「おっ!この人はやる気がありそうだ。ドンドン、連絡して企業を提案しよう」となります。

企業案件がくれば、自ずと選択肢が増えるため、いい会社と巡り会うチャンスが増えます。やる気をみせるだけで、大きなプラスを得られる可能性があります。

無理やりでも明るいイメージを付けさせる

「暗い美人より、明るいブス」この言葉は、ジョジョの奇妙な物語第4部で登場した名言です。

基本的に、明るい方が雰囲気が良くなりますし、根暗な性格よりもプラスの面は大きいと思います。私も暗い人より明るい人の方が、一緒にいて楽しいですね。

でも、「明るい性格なんて無理、できっこない」と思っている人もいるでしょうが、転職エージェントの担当者なんて長い人生の中で1度しか接しません。未来永劫、付き合っていくことなんて稀です。

どうせ、関係が破綻してもいいのだから、全力で「明るい人」を演じてみてはいかがでしょうか?

この世は、実験だらけです。この機会に「明るい人」を作り上げ、あなたの「明るい」がどういった反応をみせるかも楽しいですよ。

ある程度の自己開示をする

心理学には、自己開示の法則というものがあります。端的にいえば、自分のことを相手に話すことです。弱み・強み・趣味・プライベートのことまでを開示し、相手に共感や興味を抱かせるテクニックです。

担当者は初めて会う方ですので、あまり自分のことを話したくはないと思いますが、話しても良いことだってあるはずです。

それを、タイミングを見計らって、自分のことを話してみてください。こちらの情報を開示することで、信頼性・信用性を獲得できることだってあります。

自己開示の法則は、コミュニケーションでも恋愛でも使えるテクニックですので、気が向いたら勉強してみてください。

スポンサーリンク

担当者と良好な関係を築くメリット

  • 未公開求人を紹介されやすくなる
  • こちらに興味を持ってくれたら、たくさんサポートしてくれる
  • ちょっと強めの要求も言いやすくなる
  • 裏事情を教えてくれる

肌感覚ですが、担当者と仲良くなったらサポートを頑張ってくれる印象があります。それもそうですよね、仲良くなった人の方が肩入れしたくなるのが人間だからです。

仲良くなろうとする姿勢は、必ず大きなプラスになると思います。仲良くなって損することは、あまりありません。せっかく、利用するのであれば良好な関係を築いていく努力をしてみてください。

担当者に対する注意点

仲良くなることは、大きなプラスにもなるということが分かったと思います。しかし、仲良くなりすぎると思わぬ落とし穴に引っかかることがあります。

それが、「情」です。

人間って親密度が上がると「情」が湧いてしまい、合理的な判断を邪魔します。

例えば、やりやすい担当者だけど、能力がない。あるいは経験がない担当者がついた場合。「能力は無いけど、やりやすいし仲が良いから信用しよう」これは大きな間違いです。

転職というのは、人生の中でも大きな岐路です。それを、能力がない人に委ねるのは、リスクが大きすぎます。

転職エージェントを利用されるのであれば、信頼できる敏腕担当者に巡り合うことを目指すべきだと個人的に考えています。だから、「情」というものは隣に置いておく必要があります。

ダメな担当者の特徴

私が経験したダメな担当者。

  • メールの返信などレスポンスが遅い
  • 希望していない企業なのに、ゴリ押ししてくる
  • 上から目線、こちらの気持ちを理解しようとしない
  • 面接対応や書類添削が適当
  • そもそも親身さが伝わってこない

一番重要なのは、「親身」さですね。これを感じられない担当者は、速攻でバイバイするようにしましょう。

なぜなら、親身な対応こそが良質な関係を生むフックだからです。親身さがなければ、仲良くなることも不可能ですし、信用・信頼すらできるはずもありません。

だから、あなたが「親身」だと感じる担当者を選ぶように心がけましょう。

転職エージェントの担当者は上手に使うべし!

ここまで、色々と説明しましたが、あくまで転職エージェントは「利用される立場」です。ならばこちらは、

徹底的に利用してやりましょうよ。成功と思える転職ができるまで、自分を騙し演技し続け、すらばしい企業を見つけ出しましょう。

大切なことは、他人軸ではなく自分軸です。自分が幸福になるために、どうすれば良いかを考えて担当者と接してみてください。そうすれば、転職エージェントを客観的にみれると思います。

今の転職エージェントに不満がある20代社会人へ…

現に転職エージェントを利用されている方で、今のエージェントの担当者に不満があるなら下記の転職エージェントを使ってみてください。

20代に特化した転職エージェントですので、20代のあなたにピッタリな案件がみつかると思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
HYPER NOVA製作委員会

HYPER NOVA製作委員会

20代社会人へ向けたビジネスWEBです。あなたの仕事に「きっかけ」を与えるべく、一生懸命更新しています。暖かい目で見守ってあげてください。

-転職エージェント

Copyright© HYPER NOVA , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.