20代が転職に失敗しないためのおすすめエージェントを紹介

HYPER NOVA

職場で孤立し不安で押し潰れそうな20代社会人が読んでおくべきこと

人間関係の悩み

職場で孤立し不安で押し潰れそうな20代社会人が読んでおくべきこと

投稿日:

「職場で孤立している…孤独で辛い」「誰も仕事を手伝ってくれない」「冷ややかな目線でみられている気がする」

職場で孤立をしていると感じている方は、さぞ辛い気持ちでいるでしょう。辛すぎて精神がすり減りストレスが溜まって仕方がないと思います。

でも、その辛さから解放するには、あなた自身が行動を起こすしかありません。

そこで、一番簡単な行動方法は「転職」です。転職をすれば、いま嫌だと思っている職場から離れられることができます。ただ、転職はリスクがあります。

本記事では、転職以外の方法を模索しながら、職場で孤立している20代社会人へキッカケを与えます。

職場で孤立をしてしまう一番の原因は「仕事ができない」

職場で孤立をしてしまう原因は様々です。

  • コミュニケーションが取れない
  • 口数が少ない
  • 気が利かない
  • 動きが遅い
  • 性格の不一致
  • 感情表現が乏しい

など、職場で孤立してしまう人は色々な理由があります。しかし、孤立をしてしまう原因は「仕事ができない人」あるいは「仕事をしない人」です。

私が出会った中で、もっとも多い理由の一つです。みんなで食事をしていると孤立している人に対し、「本当にあの人は使えない!」「仕事しないわ!」と罵声が飛ぶシーンを見てきました。

だから、孤立している人は、仕事のクオリティーを上げなければなりません。

仕事の能力を具体的に上げる方法については「仕事で失敗が続く人の7つの特徴と失敗しないための考え方」こちらの記事を参考にしてみてください。何かのキッカケに繋がれば幸いです。

【体験談】孤立をしていた人は人生がつまらそうだった

私は孤立をしたことがない人間ですが、孤立気味な人はたくさん見てきました。そういった人たちは、毎日毎日暗い表情で仕事をしています。人生がつまらなそう感じで仕事をしているんです。

そもそも、仕事自体はつまらないものかもしれませんが、その中で楽しいを見つけるのが大切だと思います。

だから、助けたい気持ちはありましたが、自分の仕事が精一杯だし助けられる余裕がなかった…ここは、「もっと上手くやってあげられなかったのか」と反省しています。

もし、いま孤立だと感じている方は、下記の「助かる方法」を読んでみてください。何かのキッカケに繋がれば嬉しいです。

スポンサーリンク

職場で孤立している人が助かる4つの方法

孤立している人が助かる4つの方法

孤立している人が助かる方法は、考えられるに4つあります。

  1. 仕事を徹底的に全力で頑張る
  2. ミッションだけを遂行して孤立を気にしない
  3. 異動を申し出る
  4. 精神的に限界なら転職活動をする

特に、第1のポイントを強く言いたいです。仕事ができなくても、頑張っている姿勢は必ず同僚や上司に伝わります。辛いかもしれませんが、頑張っている姿勢を見せれば評価されます。

では、1つずつ解説していきます。

仕事を徹底的に全力で頑張る

以前、働いていた会社で仕事ができない先輩がいました。でも、その先輩は誰よりも仕事を頑張り上司や他の人たちから高い評価を勝ち取っています。

「仕事ができない」と諦めるのではなく、全力でトライしてみること。

これが何よりも大切なことだし、その頑張りで孤立から解放されるのであれば最高じゃないですか?

自分に諦めないでください。頑張れば何かしらの結果が訪れます。その結果次第で、自分の進路を決定するのも遅くはないと思います。

ミッションだけ遂行して孤立を気にしない

仕事というのは、ミッションだけ遂行していれば文句は言われません。

もし、仕事がある程度できるのに「なんで孤立しているんだろう?」と感じている方は、孤立を気にしないというのも手です。

与えられた業務だけこなせば、評価されることは無いかもしれませんが、クビになることはありません。

相当、会社が危機的な状況でない限り、今の会社で働けるのだから、孤立を気にせず突き進むのもありではないでしょうか。

この方法は主に精神的に強い人に有効です。「精神的に強い人の7つの特徴」こちらの記事も合わせて読んでみてください。

異動を申し出る

新たな環境を手に入れるべく、異動ができるのであれば申し出るのもありです。それで移動できたのであれば、異動先で全力で頑張りましょう。

以前、会社の中で「使えない」というレッテルが貼られた女性社員がいました。私は、その方と一緒に働いたことがなく、いざ一緒に働いてみたら「めちゃくちゃ頑張っている方」という印象を持ちました。

同じ会社の異動でも、「使えない」という噂があなたを襲うかもしれませんが、新たな職場で頑張りをみせたら印象は変わります。

精神的に限界なら転職活動をする

もう、何やってもダメ…精神的に辛い…と感じているのであれば、まず「転職活動」をしてみましょう。

転職活動をすれば、1%でもその嫌だと思っている部署から抜け出せる可能性が芽生えます。

あなたが動き出せば、0だった可能性が1に上がるんです。つまり、詳しくは後述をしますが、行動をすれば助かる可能性が上がります。

本気で今の職場から離れたいと考えている方は、転職エージェントを利用してみましょう。

無料で使えるし、あなたにアドバイザーが付くので、面接対策など初めての転職でも助けてくれます。20代の社会人の方は、下記の転職エージェントに登録してみてください。

覚えておこう!「助かりたい」と思っているだけでは助からない

「職場で孤立気味で、本当にもう嫌だ」「誰も自分の仕事を手伝ってくれない」「誰か助けてよ」

こう悩みがちですが、あなたが「助かる」には、あなた自身が「行動」をしなければ助かりません。助かりと思っているだけでは、救われないのがリアルです。

だから、「助かりたい」「救ってほしい」と思っている方は、今すぐ行動すべきです。

「職場で孤立して嫌だから退職」だって良い。一番は自分がどうなりたいか

人生でもっとも大切なことは、自分がどうなりたいかです。これは、思い切って会社を辞めた時、気が付いたことです。

一度きりの人生なのですから、自分の楽しいことをやって暮らせば良い。辞めて貧乏になるかもしれませんが、貧乏でも幸福を感じられればあなたは勝ち組ですよ。

私は、会社を辞めて決して裕福な暮らしをしているわけではないですが、会社員時代よりも今は幸せです。なぜなら、好きなことを仕事にしているからです。

あなたはどうなりたいですか?幸せになるための退職であれば、私は大いに賛成です。ただ、今の会社を辞めることで後悔はしないでください。しっかりと考えて決断しましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
HYPER NOVA製作委員会

HYPER NOVA製作委員会

20代社会人へ向けたビジネスWEBです。あなたの仕事に「きっかけ」を与えるべく、一生懸命更新しています。暖かい目で見守ってあげてください。

-人間関係の悩み

Copyright© HYPER NOVA , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.