20代が転職に失敗しないためのおすすめエージェントを紹介

HYPER NOVA

転職エージェント担当者面談

転職エージェント

転職エージェントの担当者と面談する際に必要なことをまとめてみた

投稿日:

衝太くん
転職エージェントって、担当者と面談するらしいんだけど準備することってあるの?
もちろん、準備しておくべきものはあるわよ。転職エージェントに登録前の方はしっかり覚えておこう
星子さん

転職エージェントは、登録者ひとりひとりに担当者が付き、転職に必要なサポートをしてくれます。

面接対策から企業のピックアップ、履歴書と職務経歴書の書き方など様々です。

サポート内容については、「20代におすすめの転職エージェント」にて詳しく解説しています。

また、転職エージェントのビジネスモデルを知らない方は「転職エージェントが無料である理由は?利益の流れはどうなっているの?」こちらも合わせて読んでみてください。

さて、本記事では、いざ担当者と面談する時に必要なことをまとめました。まだ、担当者と面談していない方はしっかりと読んでおきましょう。

転職エージェントの担当者と面談をする目的とは?

衝太くん
そもそも、なんで転職エージェントの人と面談する必要があるの?
ポイントは2つあるわ。1つ「担当者との意思疎通」2つ「コミュニーケション」この2つがメインとなっているわ
星子さん

担当者との面談する目的は、あなたと担当者の意思疎通です。

担当者もあなたのことが分からなければ、どのような企業を紹介すればいいのか分かりません。そのため、面談を通じあなたを理解しようと接してくれます。

あなたは担当者の質問に対し、真摯と誠意を持って答える必要があります。詳しくは後述しますが、この面談で嘘を付いてはなりません。

例えば、能力を誇大しすぎていざ面接に行った場合、ボコボコにされてしまうケースもあります(これは私が体験しました…)

だから、しっかりと自分のことを伝えることが大切です。

また、コミュニーケションの場として捉えておきましょう。なぜなら、今後、お付き合いしていく人です。良質なコミュニーケーションを図っておいて損はありません。

面談内容の大まかな流れ

  1. 自己紹介
  2. 経歴やスキルの説明
  3. 希望年収・業界・職種
  4. 転職理由または退職理由
  5. 求人の提案
  6. 雑談

私が経験した転職エージェントとの面談は、上記の流れです。個人的にですが、特に重要視したのが「雑談」です。

やはり転職エージェントも人ですから、好印象の方が対応は良くなるし、正直さが出てきます。

ただ、雑談は相手を選びます。バリバリの仕事人間であれば、不要な雑談を嫌います。もし、担当者が気さくな方で余裕があれば、雑談を取り入れてみてください。

面談日はあなたに合わせてくれる

面談日については、融通が効くようです。私は、平日にお願いしましたが、エージェントや担当者によっては土日でもOKとのこと。

在職中の方でも安心して面談日を打ち合わせしてください。

面談場所

面談場所については、各エージェントの個室ブースとなるでしょう。

転職理由や退職理由などデリケートな会話になるため、カフェなどで面談はしたことはありません。

特例はあるかもしれませんが、基本的にこちらから出向いて面談を受けるスタイルです。

面談の時間は1時間程度

時間は、1時間から1時間半程度でしょう。担当者はあなただけではなく、他の人も担当されているため、多くの時間はかけれません。

限られた時間でどれだけ質の良い会話ができるかが勝負です。

ただ、普通に話しているだけで1時間は軽く経過するので、そこまで敏感にならなくてもいいでしょう。

面談日に準備しておく物と持ち物

衝太くん
面談日に必要なものってある?指定されたもの以外でこうしておいた方がいいよ!というのがあれば教えて欲しいです
あくまでも「面談」なので、基本的なマナーを守ることが大切よ
星子さん

担当者といえど、外部の人間と面談するのですから、ある程度のビジネスマナーは守るべきだと思います。

特に、注意して欲しいのが服装です。

人の第一印象は表情と服装がキーとなります。これはメラビアンの法則が参考になります。人の第一印象の50%以上が視覚からの情報です。

身だしなみも視覚が認識する情報ですから、ピシッとした服装の方が担当者の好感度も高いでしょう。

面談の服装は「スーツ」がベター

やはり、スーツがベター。ヨレヨレのスーツはダメです。ズボンの縦線がしっかり浮き出ていて、清潔感があるスーツがベストです。

転職エージェントの指定は、カジュアルな服装でも可能とありますが、スーツで出向いた方が印象は良いでしょう。

仮にあなたが、転職エージェントの担当者であれば、カジュアルな服装よりも綺麗に着こなしたスーツの方がポイントは高いと思います。

履歴書・職務経歴書は事前に準備しておく

履歴書と職務経歴書は、転職エージェントに登録をしたら、作成を指示されます。

面談日には、プリントアウトした履歴書と職務経歴書を用意していきましょう。

理由は、面談の時に「どこか修正すべきところはありますか?」とこちらから投げかけ、持ってきた資料に書き込むことができるからです。

職務経歴書はガッチリ作成しておいて損はありません。採用する企業がみる資料ですから、作り込むほどプラスになります。

ノートとペン

言うまでもないですが、ノートとペンは必ず持っていきましょう。

今はスマホのメモ機能が優秀だから、スマホでサクッと済ませてしまう人もいますが、1対1の面談でスマホを使うのはナンセンスです。

手書きでメモを取る方が、真剣さを見せつけることができます。

担当者との面談で注意すべきこと

担当者と面談する時は、もっとも注意すべきことは、嘘をつかず、自分の希望をしっかり伝えることです。

ちょっと見栄を張って、嘘をついてもなんの意味もありません。そうすることで、あなたとマッチングする企業が見つからない可能性があります。

正直さを胸に面談へ向かいましょう。

希望年収や待遇など自分の意志を伝える

必ず、自分の持っている意思は伝えてください。「こう言えば印象が良いのかな?」「こう言えば合格に繋がるかな」ではありません。

あなたが転職をするのだから、あなたが抱いている想いを言わなければなりません。

あくまで転職エージェントは、あなたに答える立場に過ぎません。担当者は、答えられる力量があるかが問われる部分です。

邪念を捨てて、あなたのストレートな想いをぶつけましょう。

経歴やスキルなど嘘をつかないで真摯に答える

希望することは、ストレートに伝えても良いですが、あなたの経歴やスキルは嘘を付いてはなりません。

冒頭でも伝えましたが、嘘はいつかツケが回ってきます。できる限り本音を伝えるよう心がけましょう。

担当者になら退職理由や転職理由はネガティブでもOK

担当者は、必ず転職理由や退職理由を聞いてきます。ここは見栄を張らず、ネガティブでも良いので理由を伝えましょう。

企業の面接の時はネガティブな発言はNGですが、担当者なら影響が無いのでOKです。

私の場合は「会社の将来が不安」「上司と合わなかったから」と伝えました。理由も嘘をつかないで、しっかりと伝えましょう。

まとめ

転職エージェントと面談をする人向けの内容でした。私が経験したことをお伝えしました。

転職エージェントの担当者と面談するのは、緊張すると思います。でも、次の会社であなたが幸福になるためには、外すことができない道です。

勇気と自信を持って、堂々と担当者と接してください。

20代におすすめの転職エージェントはコチラ

もし、今の転職エージェントに不満があるのであれば、下記のサービスを利用してみてください。

20代に特化した転職エージェントですので、20代のあなたにピッタリです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
HYPER NOVA製作委員会

HYPER NOVA製作委員会

20代社会人へ向けたビジネスWEBです。あなたの仕事に「きっかけ」を与えるべく、一生懸命更新しています。暖かい目で見守ってあげてください。

-転職エージェント

Copyright© HYPER NOVA , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.