20代が転職に失敗しないためのおすすめエージェントを紹介

HYPER NOVA

転職エージェント

転職エージェントが無料である理由は?利益の流れはどうなっているの?

投稿日:

衝太くん
転職エージェントは無料で利用できることが分かったけれど、利益や売上ってどうやって上げているの?タダでやるような良心的なサービスなの?
もちろん、転職エージェントは利益を生んでいるわ。そうじゃないと、運営することができないからね。でも、収益は利用者や求人者から貰っていないわ
星子さん
衝太くん
え?では一体どうやって?

本記事のポイント

  • 転職エージェントが無料で利用できる理由がわかる
  • どうやって利益を上げているかがわかる

本記事ではこの2つのポイントに迫っていきます。

「転職エージェントは本当に無料なの?」「シンプルに収益の生み出しかたを知りたい」このように、転職エージェントをもっと詳しく知りたい方は参考にしましょう。

転職エージェントが無料で利用できる理由と仕組み

転職エージェントは、例外を除いて利用者や求職者からお金を貰うことができないルールがあります。

転職エージェントと転職サイトはどっちが良いの?違いは何?」でも紹介していますが、「職安法第32条の3の2項目」で定められているからです。

では、転職エージェントはどうやって儲けて無料で利用できるようにしているのか?

転職エージェントの収入は「企業からの手数料収入」

転職エージェントは、転職者が内定した企業から手数料を受け取り運営しています。

簡単に言えば、賃貸マンションの契約です。部屋を借りるとき、不動産を通して契約しますよね?その不動産が転職エージェントと同じ立ち位置になります。

転職エージェントの収入フロー

転職エージェントが受け取る手数料は20〜40%

流れは掴めたと思います。次に具体的な手数料額ですが、あなたの年収の20〜40%と言われています。

例えば、年収が500万の企業に内定した場合で手数料が30%の契約であれば、転職エージェントは企業から150万円の手数料が渡されます。

衝太くん
え!?こんな大きな金額が動くんですね!
そうよ、だから転職エージェントも企業も一生懸命だし転職者の雇用には真剣よ
星子さん

え!?仮に早期退職したら企業が損しすぎでは?

入社してみたら、長時間労働、極悪な人間関係、提示よりも低い給料、福利厚生に対する不満、入社してみないと分からないことがたくさんあります。

そこに嫌気がさし、早期退職を希望した場合、内定をくれた企業からすれば大損ですよね。割に合いません。

でも、早期退職された場合、企業は転職エージェントに対し、希望する人材を紹介してもらえなかったと「契約不履行」と判断し手数料の返還を求めることができます。

早期退職した場合の返還料割合
内定したけど辞退手数料は支払われない
1ヵ月以内80%
2ヵ月以内40〜50%
3ヶ月以内20〜30%

あくまで一例に過ぎませんが、このような流れになっていることだけ覚えておきましょう。

転職エージェントは甘くみてはならない

無料である理由と収益構造が少しだけ分かったと思います。最後に言いたいのは、転職エージェントは甘くみてはならないということです。

無料で利用できるから、油断してしまうかもしれませんが、転職エージェントと企業はガチです。

裏では大きなお金が動いているビジネスをしているから、企業側からしても採用は慎重になるだろうし、転職エージェントは内定を貰えるように尽力します。

大きなお金が動く以上、高い意識で仕事をされています。その環境に身をおけるのって意外と良い刺激になるんですよね。

私も在職中に転職活動をした時、担当者の丁寧さや「そこまでしてくれるの!?」というサービス・サポート力が凄かったです。

また、企業の面接もガチです。より高いレベルの質問を受けるため、不採用だったとしても人間レベルが上がったと実感できます。

こう聞くと「嫌だな」って思うかもしれませんが、他の人と差を付けるチャンスがあると思って行動してみてください。チャンスを掴むか掴まないかはお任せします。

なお、当サイトでは20代におすすめの転職エージェントを紹介しています。詳しくは、「20代におすすめの転職エージェント」を参考にしてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
HYPER NOVA製作委員会

HYPER NOVA製作委員会

20代社会人へ向けたビジネスWEBです。あなたの仕事に「きっかけ」を与えるべく、一生懸命更新しています。暖かい目で見守ってあげてください。

-転職エージェント

Copyright© HYPER NOVA , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.